八幡山コンサート 「詩と音楽の織りなす世界」

出演 東京藝術大学声楽科卒業、同大学院音楽研究科修了。小田原少年少女合唱隊で合唱と出会い、ソロ演奏の他、バッハ・コレギウム・ジャパン(鈴木雅明指揮)やサイトウ・キネン・フェスティバル(小澤征爾指揮)で国内外のツアーに参加。各地で指導に携わるほか、音楽教育誌上で発声指導や歌唱教材について執筆。横浜心理トレーニングセンターカウンセラー、東京藝術大学非常勤講師、日本女子大学附属高等学校教諭を経て、現在、宮城教育大学教授、都留文科大学非常勤講師。NHK仙台少年少女合唱隊、仙台フィルと第九をうたう合唱団ほかで合唱指導。平成26年より作曲家 大中恩氏の作品演奏会に出演。
原田博之氏(高40)
東京藝術大学作曲科卒業。1993年よりパリ国立高等音楽院に学び、高等和声、対位法、フーガ、管弦楽法の各科をプルミエ・プリで修了。エコールノルマル音楽院室内楽科(歌曲ピアノ)修了。並行して、フランス歌曲の演奏に関し、声楽のカミーユ・モラーヌ、エディット・セリグ、古沢淑子、ピアノのソランジュ・キャパラン、ジャクリーヌ・ボノーの各氏の薫陶を受ける。国立音楽大学客員准教授、東京芸術大学、洗足学園音楽大学非常勤講師(エクリチュールとソルフェージュ)。フランス歌曲研究会、二期会フランス歌曲研究会ピアノ会員・運営委員。日本作曲家協議会、日本ソルフェージュ研究協議会他会員。作品には「受胎告知のオラトリオ」をはじめフランス語の声楽曲が多く、最新作品は、ドビュッシーの未完のオペラ「アッシャー家の崩壊」への補筆(台本:ドビュッシー、青柳いずみこ氏委嘱)。
市川景之氏(高40)
演奏予定曲 シューベルト:「野薔薇」(ゲーテ)
大中恩:「幸福が遠すぎたら」(寺山修司)
越谷逹之助:「初恋」(石川啄木)市川景之編曲
ドビュッシー:ピアノ曲「月の光」
フォーレ:「月の光」(ヴェルレーヌ)
デュパルク:「旅への誘い」(ボードレール)
コメント 小田高吹奏楽部で時間を共にし、東京藝術大学で共に学びました。30余年の月日を経て、初めて演奏会で本格的に共演します!私たちがずっと魅せられてきた「詩情」の世界を皆さんと分かち合えれば、と思います。
��高等学校同窓会) All rights reserved.  このサイトの画像,文章の無断転用を禁じます